おでこニキビのニキビ跡

小学校4年になった頃からだったと思います。おでこにプチプチとニキビができはじめました。
当時、肌は比較的つるつるだったのですが、おでこだけが脂っこく、テカテカ光る感じに目立ってきました。

痛みや痒みは感じませんでしたが、とても不快な感じはありました。
気になってしょっちゅうつぶしたりするので、中々治らず、また増えて、と悪循環を繰り返していました。
洗顔料や石鹸を変えてみましたが、あまり効果はありませんでした。

おやつのチョコレートなど、甘いものの摂取も減らしましたが、これもあまり効果がなかったように思います。
そのうち、クラスの男子から「デコブツ」とからかわれるようになりました。おでこにブツブツがあるからです。
無視していたら、何も言わなくなりましたが……。とてもつらかった思い出です。

その後、中学生になってもおでこのニキビは消えませんでしたが、高校生になった頃から、徐々に減り始めました。
大人になった今では、ニキビはほとんどありませんが(時々吹き出物は出ますが)、おでこだけ、他の部位に比べて肌のきめが荒いような気がします。これがニキビ跡というやつでしょうか・・。

鏡を見るたびに、おでこのニキビのことを思い出します。
きれいなおでこを持つ女性が、本当に羨ましいです。

ニキビ跡専用の化粧品も売っているので、いまはそれの購入も検討しています。

健康診断

夜間の肉体労働に従事しています。
どうも、深夜労働者については年2回の健康診断が義務付けられているようです。
昨日、指定の病院に行って来ましたが、血液検査等を含めた後日に郵送分以外は問題がなさそうです。
老眼ながら視力は左右1.5であり、子供の頃からの記録更新は続いています。
 血圧も128/78と、まずまずの所です。
痛風を過去に2度体験しているのですが、体重や血圧を見ても何とか乳酸値をクリアー出来そうです。
 ホッとして本日の勤務に向かった所、いきなり1名が検査に引っ掛かって3週間の入院騒動が有りました。
3週間、欠員と成るので穴埋めのシフト変更が必要と成った為、まずは休日の返上が可能の人の募集と成ったのですが、
1名分の調整なので、まず問題は無いと思われます。
 ただ怖いのは、間違いなく入院させられるので、診断に行っていないのに受診済みにしてる人が2名。
ダブルワークのせいか顔色が異常に悪くなって来ている者が2名。
何時、腰がやられるか分からない者3名。
止せば良いのに、アルコールが抜けきっていない感じの者等、潜在的に危険負担を持っている人が結構いるんです。
 20人程で切り回しをしてるので、長期離脱者が出るとキツイ状態に成ります。
いやな予感を感じている人もいて、何時でも戦線離脱出来るように準備に余念の無い人もいます。
 健康診断は非常に良い事だと思うのですが、メンタルケアが無い分、盲点に成っていると思う点です。
つまり、Oh盲点と成るのでした。

髪の毛ばっさり切ってイメチェン

ぼさぼさで放置していたロングヘアをようやく断髪することに決定。
いつもの美容院でショートヘアにしてくださいって行ったら、担当のスタイリストさんにかなりビックリされた。
形はちょっとマッシュっぽいふんわりしたショートで、カラーは今はやっているアッシュ系のラベンダーカラー。
スタイリストさんとの楽しい会話もはずみ、かなり思いきったけどイメチェンできて良かったです。
帰りに今度はネイルサロンによってジェルネイル。

久々にやってもらったけど、仕事上あんまり派手なネイルはできないから、シンプルなフレンチにしてみました。
自分でマニキュア塗ればいいんだろうけど、なかなか不器用でうまく塗れないから、やっぱりプロを頼ってしまいます。
そういえば、化粧水もきらしていたことに気づき、ドラッグストアでハトムギ化粧水を購入。
これ、大容量でコスパよくってホントに大好きなんです。

よくブログやインスタグラムでも紹介されている一品で、つけると肌がもちもちになるから長年愛用しています。
これのおかげで肌荒れも少なくなってきたような気がするし、付け心地最高です。
寝る前にストレッチして、明日に備える。これ、日課。
毎日必ずやってるから、われながら偉いと思ってます。

コーヒーから始まる一日

私は朝起きたら必ずコーヒーを飲みます。ちゃんと豆から挽いたコーヒーです。

コーヒーの香り、苦みのある味を感じながら一日なにしようかを考えます。私はいわゆる夢を追っている夢追い人です。世間から見ればちゃんと働けと思われているかもしれません。

実際にそう言われる事もあります。今の日本では夢を追いながらアルバイトをしている人は認められない傾向にあります。

夢を追うのも不安やプレッシャーがつきものなのです。そんな時に朝の一杯のコーヒーは私に安らぎを与えてくれます。

そして勇気も湧いてきます。たった一杯のコーヒー、たった数十分のコーヒータイムが私の一日に希望をくれます。

ある日、いつものようにコーヒーを飲みながら夢について考えていました。夢を叶えている人はどんな人なのだろうとふと思いました。

コーヒーを飲みながらしばらく考えてみるとシンプルな答えにたどり着きました。夢を叶えている人は夢を見て夢を諦めなかった人なのです。

夢を叶えて生きていける人なんて一握りと言いますが、その人たちは周りになんて言われようが最後まで自分を信じて諦めなかったから夢を実現させる事ができたのです。

そんな事を私はコーヒーを飲みながら考えて、自分を鼓舞しています。毎朝のコーヒーが私の一日のスイッチです。

差し入れほしい~

基本、在宅業の私。パソコンに一日向かっていると、はっきり言って気が沈んでくる。

外に何かを買いに行くのもおっくうになるので、楽しみといえば、せいぜいお茶(紅茶・緑茶・麦茶)を飲むことぐらい・・・・。こんな時、誰かが差し入れを持ってきてくれたらなあと思う。

前に一度、雑誌で小説家やマンガ家の差し入れを見たことがあるけれど、すごくうらやましかった。

もし自分がもらうとしたら、例えば目にも美しいカラフルなマカロン詰め合わせとかのおシャレ系(きれいなものを見ているとモチベーションが上がる)、あるいは野菜の味の濃ゆいジュースの詰め合わせなどのヘルシー系だとありがたい(体を壊すと元も子もないので)。。あるいは、仕事が差し迫ってくると、食事も適当なものを食べることになるのでお弁当(ただしコンビニ弁・ほか弁以外)も歓迎。

できればこれも色とりどりで野菜たっぷりのものがいいな・・・・けれど、フリーで働いている私には、はっきり言ってそんな酔狂なことをしてくれる人なんかいない。どうせ今日もお茶を飲むことだけが唯一の幸せさ。

食べるものもどうせ冷蔵庫内の片づけをかねて、前の晩の残り物処理だし。

ああ、私にも差し入れをくれる素敵な編集者(できればイケメンで!)がほしい!